老後のことを考えたら50歳からでも正社員を目指した方がいいのか

退会済み(愛知県)

解決済み 2020年08月16日
45歳独身女性です。
老齢年金はねんきん定期便だと月7万円しか貰えません。
今は障害年金が月10万円と
年金生活者支援給付金を月5千円で生活しています。
永久認定ではないのでいずれ障害年金がストップするかもしれません。
医師には来年、再来年に働けるようにはならないと言われています。
50歳くらいから働けるかもしれませんが
年齢的にパートくらいしか働けないかもしれませんが
老後のことを考えたら50歳からでも
正社員を目指した方がいいのでしょうか?

今の貯金は7,520万円。
順調にいけば、50歳までに300万円は貯められると思います。
50歳以降は一人暮らしになるかもしれないので
あまり貯金はできないと思います。

50歳~75歳 生活費16万円
75歳~100歳 生活費23万円(老人施設利用)
家電、冠婚葬祭 100万円
親の介護 1,000万円(500万円×2人)
自分の介護費 500万円
家の修繕費 800万円
上記の支出を予定しています。

パートだと10万円くらいの収入にしかなりませんが
正社員なら13万円~15万円くらいの収入に加えて
ボーナスや退職金があるかもしれませんし
厚生年金にも加入できるので老齢年金を増やすことができます。
支出のことを考えたら貯金が全然足りないことは分かりますが
収入が決まらないと上手く試算できません。

No.1353

質問者からのメッセージ

2020.08.21

回答ありがとうございました。 試算は考えてみます。

回答 1件

ベストアンサーに選ばれた回答です!

舘野 光広 ファイナンシャルプランナー
所属:ブレイン・トータル・プランナー
エリア: 埼玉県 本庄市

さくら様

ブレイン・トータル・プランナーの舘野と申します(CFP)。

私のお客様で障害年金を受給され、リハビリを継続されている方がいらっしゃいます。

将来の収入に関する不安はいつも抱えていらっしゃいますので、状況は理解できるつもりです。

但し、そのような状況下でもライフプランシュミレーションをご依頼いただき、将来の収入変化によって
どのような収支バランスとなるかの把握をなされています。

つまり、収入以外の金額が明らかであれば、シュミレーションレポートの作成が可能であり、予測の収入
パターンによって不安を少なくすることが可能となります。

確かに、正社員として就業されるほうが、将来の年金は明らかに増額されますし、企業年金も付加される
事も可能となります。

しかし、現状を回復させてからの問題であり、現状では空論でしかありません。

もし、試算をご希望であれば、いつでもFPが対応可能ですので、一度ご依頼されてみてはいかがでしょうか。
試算は有料になりますか?

2020.08.18


さくら様

当事務所は有料となります。
料金体系はご依頼いただく内容によりますが、基本として1レポートで概ね80ページとなります。
1年間のリモートによる相談無料がついております。

無料で実施しているFP事務所もおりますが、バックエンドとして保険や投資商品の販売を目的としている場合が多く、
詳細なレポートは期待できないと思います。しかし、お試し程度であればよろしいかと思います。

2020.08.19


+ 全文を見る