新松 尊英 ファイナンシャルプランナー

札幌住まいのFP相談窓口

北海道札幌市中央区南1条西1丁目15-3 3F SAKURA-S1

営業時間:10:00~18:00  定休日:火曜・水曜

当サイトを利用してのコンタクトは匿名で行えます。お電話でのご連絡は「FPJPを見た」とお伝えください。

プロフィール

「マイホームを買った後、本当に問題なく住宅ローンの返済を続けていくことができるのか?」と考えたことはありませんか?

札幌住まいのFP相談窓口は『住宅購入相談に特化したファイナンシャルプランナー事務所』で、あなたが無理なく返済できるマイホーム購入予算を診断しています。

『売り手側』ではない『中立公平な第三者』の立場から、お客様の為になる本当の情報をアドバイスしています。

また、住宅購入に関する総合的なアドバイスを行うことがお客様にとって大きな利益に繋がると判断した場合、マイホーム購入コンサルティングのサービスを提案させて頂いております。

自己紹介

はじめまして、札幌住まいのFP相談窓口、代表の新松(しんまつ)です。

私は元々、札幌の住宅メーカーで働く営業マンでした。

現在は、特定の住宅会社や金融機関に属さない『第三者の立場』で、これから家を買う方に対してのアドバイスを行っています。

私がなぜ、このような仕事をしているのか?

その理由は、私が住宅会社の営業マンをしていたときに"ある疑問"を感じていたからです。

その疑問というのは、

「住宅営業の立場からでは、本当の意味でお客さんのことを考えたアドバイスができない」

というものです。

住宅の営業マンというのは、ご存知の通り家を売るのが仕事です。

家を売らなければ、給料をもらうことができませんし、会社を辞めさせられてしまうかもしれません。

なので、「あなたは家を買わない方がいいですよ」というアドバイスはできないのです。

また、「これくらいの予算に抑えた方がいいですね」というアドバイスもできません。

できるだけ多くの利益を得る為に、より高い価格で家を建ててもらうように努力をしなければいけない立場にあるのです。

私は、この状況に”もどかしさ”を感じていました。

家を買おうと思っている人の中には、「無理して家を買わない方が良い人」「予算を抑えた方が良い人」もいます。

そういった方には、できるだけ家計に合わせた提案をするようにしていましたが、立場上、限界があったのも事実です。

そのような方に本当に役立つアドバイスをするには、特定の住宅会社や金融機関に属さない『第三者の立場』に立つ必要があると感じ、この事業を立ち上げました。

事務所の概要
会社名札幌住まいのFP相談窓口
住所北海道札幌市中央区南1条西1丁目15-3 3F SAKURA-S1
得意分野
従業員数1
ホームページhttp://fp-sapporo.com
連絡先011-788-8617
取扱分野
  • ライフプラン
  • 住宅ローン
事務所の特徴
  • 個人
  • 男性FP
  • 休日対応可能
  • 来店可能・個室対応
  • 子ども同伴可
資格等
  • 専業FP

FPに相談する

新松 尊英 ファイナンシャルプランナー

札幌住まいのFP相談窓口

北海道札幌市中央区南1条西1丁目15-3 3F SAKURA-S1

営業時間:10:00~18:00  定休日:火曜・水曜

当サイトを利用してのコンタクトは匿名で行えます。お電話でのご連絡は「FPJPを見た」とお伝えください。